一般社団法人 日本経営士会 中国支部の「第55回経営士全国研究会議 広島で開催決定!」です

HOME » ニュース » 第55回経営士全国研究会議 広島で開催決定!

ニュース

お知らせ

第55回経営士全国研究会議 広島で開催決定!

2022.09.01 Thu 【重要】

中国支部 支部長 小原 啓子

隔年で開催される経営士全国研究会議の開催が決定いたしました。

日程:2023年10月14日(土)・15日(日)
場所:広島国際会議場
(パンフレット 第55回 経営士全国研究会議広島大会

次の主旨の下、進めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

【メインテーマ】
理論と実践の融合
― 強い日本を創る―

主旨

新型コロナウイルス感染症は、2020年初頭から世界中に感染が拡大しました。
私たちは、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックとこれがもたらした経済・社会への深刻な状況を経験し、危機的状況をも考慮に入れた合理的で持続可能な社会の構築が必要であることを学びました。
収束へのイメージを持つことができてきた昨今、ポストコロナ社会に向けての動きが始まっています。

技術の進展によりデジタル社会への移行が進み、経済社会の各面での分断と不安定が顕在化しましたが、世界共通認識としてSDGsの重要性が高まり、時代・社会に対応できるウェルビーイングと、その持続可能な開発目標に向けて「協調」する事が求められています。

さて、経営学という学問は、110年の歴史の中で、多くの災害や感染病、また戦争の時代を乗り越えて進化してきました。試練を乗り越えた今こそ、再度理論と実践を融合させ、その組み立てを再考する必要があるでしょう。
この度の経営士全国研究会議においては、コロナ脱却の時を迎え、目標を一致させ、理論と実践を融合させながら、それぞれの協調において新たに創り出される、次世代創造に向けての「新たな繋がり」が重要と考えます。
それこそが「強い日本を創り出し、新しい未来を創造」する事につながります。今いる私たちは、時代のターニングポイントにいます。

さあ、いよいよ新しい時代の幕開けです。

PAGE TOPPAGE TOP