経営士会独自の環境認証制度(CES)ができました

 
コンパクトエコシステム(CES)ができました。これはISO14001、エコアクション21、KES、エコステージ等に続くシステムとして経営士会が独自に開発したものです。
 
CESは他のシステムと同様PDCAシステムですが、環境方針の設定、計画に追加して取組評価を行うのが特徴です。CESでは認証企業は簡易な「環境保全レポート」(環境報告書)を作成し、経営士会のホームページ上で公表することになります。
「環境保全レポート」では環境に対する企業の考え方、方針、環境負荷低減の実績、環境会計上の効果、次期方針計画を定期的に公表するところに特徴があります。

 CESは登録申請、維持費用等が低廉です。
 登録料 3万円(2年毎)
 更新料 2万円
 支援料 1万円(計画作成、保全レポートの作成支援の料金で任意)

安価に設定した理由は、経営士会は日本の中小企業をCESを通じて経営支援、コスト削減に寄与することを主眼としているからです。

詳しくは資料(PDF)を御覧ください。