様変わりした今回の全国研

 

今回の経営士全国研究会議つくば大会では、記念講演が4本ありました。PHPの江口社長や日刊工業新聞の千野社長などの講演では、現在の時代感覚に大変な示唆を与えられました。
 また、翌日の分科会の発表の前に、7,8名程度に分かれて、一時間でMPP方式で与えられたテーマを討議するという手法も取り入れなれました。全員参加の全国研という様相になりました。
 今回の全国研は従来よりも「研究」への意欲を高められたよい大会だったと思います。
 今後の全国研のあり方への典型を築く大会になったと思います。ぜひ皆さんも今後の全国研に期待してください。
 
           全国研に参加して      藤島公平